遺留分の割合とは

遺産相続を行う場面では、遺留分という言葉を耳にすることがあります。この内容に関しては、例えば父親が亡くなった際に遺言書などによって愛人などに全ての財産を渡すような内容を残してしまった場合では、普通に考えた場合では、全ての財産を愛人へと引き渡すことになります。しかし、法定では妻と子供に対しては遺産相続人として正式に認定されている部分になるために、この場面では遺留分を確保する方法が用意されています。遺留分の割合に関しては、概ね2分の1とされています。したがって1億円の遺産を持っている方のケースでは、愛人に5千万円が渡ることになり、妻と子供で5千万円を分割することになります。子供に関しては元来の法定通りの分割方法が適用されており、例えば2名のお子さんがいる家庭の場合では、2500万円をそれぞれ相続することが基本とされています。遺留分の請求に関しては1年間の時効というものが設定されているために、忘れずに請求を行うことが必要になります。裁判などで揉めた場合であっても、最低限遺留分は確保できる内容を持っていることによって、生前に異なる内容の遺言書を作っていたとしても、法律が優先されることになるために、正当な主張を行うことが大切になります。

 

Filed under: 未分類 — りゅう 1:19 PM