時間制限に注意すること

兄弟姉妹以外の相続人には遺留分というものがあります。基本的に、遺言で相続分を定めたり遺贈をしたりという場合はそれに従うことになります。亡くなった人の意思を実現するという意味ではよいのですが、残された身近な人に一切相続分が残らないという事もあるのです。そういったことを防ぐため、配偶者や子供、直系尊属には一定の割合で遺留分が認められ、相続財産を取り戻すことができることになっているのです。この請求を遺留分減殺請求といいます。請求がされない限りは遺留分を害していても遺言は有効なので、取り戻すためには請求が必要になります。
しかし、その遺留分減殺請求には時間制限があります。まずは遺留分があり、それが侵害されていることを知った時から一年間です。ただし、相続が始まったことや遺留分のことについて知らないままの場合もあります。その場合は相続開始から10年で請求できなくなります。
この期間内に請求がされなければ相続分がなくなってしまう恐れがあるので、注意しましょう。請求には決まった方式があるわけではありません。しかし、いつどのように請求をしたのかを証明できるようにしておくことが重要になります。証拠を残すために書面で残しておくのが良いです。

Filed under: 未分類 — りゅう 3:20 PM