直系尊属のみが相続人である場合は?

直系尊属とは、自分の父母、祖父母または養父母にあたる自分より前の世代の親族のことです。
被相続人に配偶者や子供、孫などがいない場合で、相続人がこの直系尊属のみである場合の相続は、両親がそろっている場合、父が財産の2分の1、母が財産の2分の1と均等に分けた分が法定相続分となります。
また、被相続人に配偶者や子供、孫などがいない場合で、父母が共に亡くなっているときや、父母が共に相続を放棄した場合はその祖父母に権利が移行し、父方の祖父母と母方の祖父母の4人で均等割りします。このときの法定相続分はそれぞれ財産の4分の1ずつとなります。相続人が合わせて3人である場合には、被相続人の財産の3分の1ずつが法定相続分となります。このように、直系尊属の場合の相続は、被相続人の財産を均等割りします。
ただし、祖父母が相続人になるのは、父母が2人とも死亡または放棄などで権利がなくなってしまった場合であり、父母のどちらかと祖父母が同時に相続人になることはありません。つまり、父母のどちらかが生きており、祖父母も生きていた場合、相続はどちらかの父母が全財産を相続するものであり、祖父母と共に均等で割ることはありません。
また、養父母は法律上、直系尊属としてみなされますが、その祖父母は直系尊属としてはみなされません。

Filed under: 未分類 — りゅう 3:18 PM